Mede little Roy(メデリトルロイ)~落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。2・下【作品ネタバレ】

wiki1

コミック内容

口内射精、複数プレイや乱交が好きな方へおすすめなエロ漫画

リエールカの心と身体が悪魔の血に支配され始める―成人乙女向けゲーム風創作続編下巻。
誰もが当たり前に魔法を使う世界でちっとも魔法が使えなかった主人公リエールカ(ルカ)。
唯一の家族である兄のグレン、魔獣族の青年アバルに助けられながら日々を過ごしていたが、
上級魔女・黒魔女レティシアの手により母から施されていた魔法が破られる。
その正体が伝説上の存在とされていた強大な力を持つ悪魔の娘であることが発覚。
食事を受け付けず精液を摂ることでしか生きられなくなってしまったルカはグレン、アバルとの性交を行い続ける。

黒魔女の提案で悪魔の血を抑える力を手に入れる為王都外れの「魔女の城」で上級魔女の修行を始めることになったルカ。
魔法をうまく扱えないルカを見兼ねて共に魔法の勉強、修行を始める魔王の息子であり第一王子のザガン。
共に過ごすうち心を通わせる二人だったが、ルカの精神は想像以上の早さで悪魔の人格に侵されていた。
ルカの新たな人格はザガンの身体、精液を求め暴走する。

悪魔の血による暴走を繰り返してしまうルカを救いたいアバル、グレン、ザガンの3人はルカの負担を減らす為
上級魔女の修行を行いながら、4人での性行為(魔力供給)を毎日朝から夜まで実行する事になり…


成人乙女向けゲーム風創作 Mede little Roy(メデリトルロイ)続編2巻、下巻。

----

本文74P+あとがき 計75P

----

※複数人での乱交シーンが含まれる為苦手な方はご注意下さい

プレイ内容

・逆ハーレム
・複数プレイ/乱交
・輪姦
・女性優位
・手マン
・フェラ
・クンニ
・精飲
・中出し
・汁/液大量
・種付け
・断面図
・連続絶頂
・近親相姦(義兄妹)

----
発行:Yatomomin(やともみん)
原作・作画:山本ともみつ
シナリオ協力:ワキタゴジョー
Twitter:@Yatomomin
pixiv:9182871

Mede little Roy(メデリトルロイ)~落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。2・下

Mede little Roy(メデリトルロイ)~落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。2・下ネタバレ

Mede little Roy(メデリトルロイ)~落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。2・下 Mede little Roy(メデリトルロイ)~落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。2・下 Mede little Roy(メデリトルロイ)~落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。2・下 Mede little Roy(メデリトルロイ)~落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。2・下 Mede little Roy(メデリトルロイ)~落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。2・下 Mede little Roy(メデリトルロイ)~落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。2・下 Mede little Roy(メデリトルロイ)~落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。2・下 Mede little Roy(メデリトルロイ)~落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。2・下 Mede little Roy(メデリトルロイ)~落ちこぼれ魔女の正体は、精液(魔力)を糧とする最強の悪魔でした。2・下
気になる続きは…?
他のさんの作品のネタバレを見る

こちらを読んだ方へのオススメ

エロ漫画

エロ漫画(コミック) 猫かぶり吸血鬼に骨の髄まで食べ尽くされる2

幼馴染の吸血鬼に無理矢理抱かれた主人公。
それ以降お互いに連絡をしない生活を送っていた。
このままじゃいけないと思い、
いつも兄と自分の橋渡しをしてくれていた幼馴染の弟に相談する。

エロ漫画

エロ漫画(コミック) 淫魔エステへようこそ

――そこは、淫魔の経営するエステサロン。
表向きは普通のエステだが、秘密裏に「食事」が行われていた。

エロ漫画

エロ漫画(ボイス) 【フォーリーサウンド】淫魔たちが来た

あなたはとても忙しい会社員。
連日残業の上に、持ち帰りの仕事まであって、毎日へとへと。
自宅で仕事を片付けていたら、疲れ切っていつの間にか夢の中へ。
すると夢の中に綺麗な顔をしたアキムと名乗る淫魔が現れた。
「震えてるし。なに? 怖い?」
「だーから、逃れないって。残念」
逃げようとするあなたを捕まえ、彼は怪しげな術を使う。
「君は私を好きになる」
「抱かれたくて、抱かれたくて、たまらなくなる」
「ほーら、力、抜けてきた」
脳に響くような彼の声を聞いたあと、あなたは彼に惹かれ、抱かれたくてたまらない気分になってしまった。

この作品を読んだ方におすすめ

コメントを残す